牡丹 深見草

千載集・恋 賀茂重保
人しれず思ふ心はふかみ草花咲きてこそ色に出でけれ

ものいはば人はけぬべし白ぼたん 来山

芭蕉 (野ざらし紀行)
牡丹蘂ふかく分出る蜂の名残哉

風月の財も離よ深見艸 芭蕉

寒からぬ露や牡丹の花の蜜 芭蕉

飛胡蝶まぎれて失し白牡丹 杉風

蝋燭にしづまりかへるぼたんかな 許六

牡丹散つて心もおかず別れけり 北枝

ゆふかぜに蜘も影かる牡丹かな 千代女

垣間より隣あやかる牡丹かな 千代女

てふてふの夫婦寝あまるぼたん哉 千代女

戻りては灯で見る庵のぼたんかな 千代女

老の心見る日のながき牡丹かな 千代女

夕暮の蟻握りこむ牡丹哉 也有

牡丹散てうちかさなりぬ二三片 蕪村

短夜の夜の間に咲るぼたん哉< 蕪村

寂として客の絶間のぼたん哉 蕪村

地車のとどろとひびく牡丹かな 蕪村

異艸も刈捨ぬ家の牡丹かな 蕪村

ちりて後おもかげにたつぼたん哉 蕪村

牡丹切て気のおとろひし夕かな 蕪村

山蟻のあからさま也白牡丹 蕪村

牡丹ある寺ゆき過しうらみ哉 蕪村

金屏のかくやくとして牡丹かな 蕪村

南蘋を牡丹の客や福西寺 蕪村

虹を吐てひらかんとする牡丹かな 蕪村

日枝の日をはたち重ねてぼたん哉 蕪村

大坂の牡丹さゝげぬ本願寺 召波

園広し黄なるも交る牡丹哉 召波

華暮て月を抱けり白ぼたん 暁台

園くらき夜をしづかなる牡丹哉 白雄

盗れし牡丹に逢り明る年 太祇

低く居て富貴をたもつ牡丹哉 太祇

門へ来し花屋にみせるぼたん哉 太祇

牡丹一輪筒に傾く日数かな 太祇

はなのうへにこゝろ皆置牡丹かな 青蘿

是程と牡丹の仕方する子哉 一茶

扇にて尺を取たるぼたん哉 一茶

掃人の尻で散りたる牡丹かな 一茶

良寛
深見草今を盛りに咲きにけり手折るも惜しし手折らぬも惜し

曙覧
目をうばふさかりは二十日ばかりなり国傾けの花の色香も

五月 立夏 初夏 牡丹 衣更 葉桜 菖蒲 鯉幟 柏餅 新茶 薄暑 葵祭り 祭り 若楓 新樹  若葉 芍薬 芥子の花 雛罌粟 忍冬の花 棕櫚の花 桐の花 朴の花 泰山木の花 薔薇 茨の花 卯の花 麦の秋 麦刈り 花菖蒲 あやめ   杜若 短夜 花橘 柿の花
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図