和歌と俳句

薄暑

さ庭べの草煙り居る薄暑かな 龍之介

笋の皮の流るる薄暑かな 龍之介

苜蓿の花旺んなる薄暑かな 草城

揚泥の乾く匂も薄暑かな 草城

後架にも竹の葉降りて薄暑かな 蛇笏

薔薇の葉の蝕を見る薄暑かな かな女

昼月に竹の皮散る薄暑かな 鷹女

清閑や薄暑の庭の石乾く 草城

人々に四つ角ひろき薄暑かな 草田男

田舎家の餅大いなる薄暑かな 石鼎

水色の蝶あきらけく薄暑かな 石鼎

漁師の肩おほきくおもふ薄暑かな 林火

花鉢を屋形も吊りて薄暑かな 蛇笏

水噴いて夜の花紅き薄暑かな かな女

の上にマスト見えゐる薄暑かな 汀女

沼船に薄暑の帽を傾くる 風生

湯あがりの膚のたのしき薄暑かな 草城

持ちそめの扇子のかたき薄暑かな 草城

ひとの香のいみじかりける薄暑かな 草城

どくだみの香にたつ土の薄暑かな 麦南

薊濃き薄暑の雨の花車 麦南

にひづまの水仕愉しむ薄暑かな 麦南

花摘みて滝径たどる薄暑かな 麦南

黒鯛釣る薄暑の波濤日を揺りぬ 麦南

浴衣裁つこゝろ愉しき薄暑かな 淡路女

ゆわかしに花のうつむく薄暑かな 蛇笏

窓曇る卓の静物薄暑かな 蛇笏

ふりいでし薄暑の雨のあかるしや 万太郎

再びの病にかちて薄暑きし 立子

アカシヤの耕馬にちりて薄暑かな 蛇笏

山墓に薄暑の花の鬱金かな 蛇笏

一本の篠若竹に薄暑かな 石鼎

風あふちて広葉かさんる薄暑かな 石鼎

みちのくの旅に覚えし薄暑かな 虚子

旅するは薄暑の頃をよしとする 虚子

打水をする住吉に来て薄暑 汀女

薄暑はや日蔭うれしき屋形船 虚子

乳房たる母の香あまき薄暑かな 蛇笏

河豚ばかりあがれる海の薄暑かな 普羅