和歌と俳句

飯田蛇笏

心像

前のページ<< >>次のページ

祝聖の灯に靄だちて大旦

かけろ鳴く田子のおきふし三ケ日

家建てて新墾の夫婦松かざり

初富士や樹海の雲に青鷹

午後ぬくく酪農の娘が羽子あそび

庭竈菩薩嶺かすむけしきかな

山の雲ぬくとくもあらむ初子の日

富士の下嶺々むらさきに弥生かな

夕昏れて紅梅ことにさけるみゆ

月光に花梅の紅触るるらし

御嶽の雲に真つ赤なおそ椿

鵜の嶋ややまつばきさく雨の中

藁しきて三日月仄かいちご咲く

いちご咲く熔岩うつ雨のつぶてかな

ましろにぞをとめがてどるかがみもち

茱萸さいて穂高嶺あをき雲閧ゥな

大瀧の仰ぎてくらき五月雨

雲はうて梅雨あけの嶺遠からぬ

樹海出て青草の香や夏嵐

朝日さすすだれの外の岩清水

苔さいて雨ふる山井澄みにけり

乳房たる母の香あまき薄暑かな

藻の花に雨やむ楡のしづくかな

烈日に雲むらたちてホップ咲く

夏至の雨娘ひとり舟をただよはす