和歌と俳句

飯田蛇笏

心像

前のページ<< >>次のページ

父逝くや凍雲闇にひそむ夜を

つつぬけに人のこゑごゑ冬佛

冬灯死は容顔にとほからず

香げむり寒をうづまく北枕

焼香す冬ただなかのかりもがり

家を去る柩のはやき冬日かな

冬日影はふり火もえてけむらはず

つるぎなす雪嶺北に野辺おくり

法要の箸とる僧や雪起し

菜園の雪に雨つぐ松の内

しづはたや山べのかすむ十四日

山祇へ田みちづたひや弓はじめ

初日かげ積雪の牙に潮なぎぬ

雪解富士樹海は雲をあらしめず

梓川風波だちて残花ちる

ひとそばへ微涼あらたに小いかづち

かりかりと柴の雪たぶ炉ばたかな

うち霽れてしづくする茶のつぼみかな

はせを忌や月雪二百五十年

猿むれてうすゆきけぶる樺林

鏡なす暮春の湖をわたりけり

花粉まふ土筆とみれば雨がふる

河鹿なきおそ月朧をてらしけり

酪農の娘にうす雪やなづな摘

秋の灯をみつむるばかり雲のこゑ