和歌と俳句

鰯雲

鰯雲鯛も鮑も籠りけり 北枝

空湾や夕さりて湧く鰯雲 草城

鰯雲茜さし来て美はしき 播水

大阪やけぶりの上にいわし雲 青畝

うすうすと今日仰がれつ鰯雲 風生

映りゐる田舟の閼伽の鰯雲 悌二郎

一鱗の乱れだもなき鰯雲 風生

いわし雲大いなる瀬をさかのぼる 蛇笏

朝戸繰るこちらのかはも鰯雲 草田男

鰯雲この時空のまろからず 草田男

鰯雲バルーン疲れて黄のゆふべ 三鬼

曽我の子はここにねむりて鰯雲 蛇笏

いわし雲子がゆびさせりはるかなる 悌二郎

鰯雲百姓の背は野に曲る 草田男

鰯雲ひとに告ぐべきことならず 楸邨

鰯雲鳶をはなてり園黄ばむ 波郷

鰯雲橙青く鬱と成る 波郷

地うるむ朝空ふかし鰯雲 月二郎

枯るる音葭はなれず鰯雲 楸邨

やまびこをつれてゆく尾根いわし雲 蛇笏

鰯雲日和いよいよ定まりぬ 虚子

いわし雲忌日きのふに過ぎゆける 多佳子

鰯雲畳が遠くなりにけり 楸邨

いわし雲小諸の旅をこころざす 蛇笏

鰯雲流るるよりも静かに征く 楸邨

兒をだいて養魚池をみにいわし雲 蛇笏

鰯雲英霊還りいましけり 誓子

閂を外す暁より鰯雲 誓子

乾坤の動くは乾の鰯雲 誓子

鰯雲高きに群れて羨し 誓子

鰯雲攀づべからざる嶽の上 誓子

天覆ふ鰯雲あり放心す 誓子