古今集 敏行
秋の夜のあくるも知らずなく虫は わがごと物やかなしかるらん

後拾遺集 道命法師
ふるさとは浅茅が原と荒れ果てて夜すがら虫の音をのみぞなく

後拾遺集 平兼盛
あさぢふの秋の夕暮なくむしは我がごとしたにものや悲しき

金葉集 赤染衛門
有明の月は袂になかれつつ悲しき頃の蟲の聲かな

詞花集 好忠
秋の野のくさむらごとに置く露は夜なく蟲のなみだなるべし

詞花集 永源法師
八重葎しげれる宿は夜もすがら蟲の音きくぞとりどころなる

詞花集 和泉式部
なく蟲のひとつ聲にも聞こえぬはこころごころにものやかなしき

詞花集 橘正通
秋風に露をなみだとなく蟲のおもふこころをたれにとはまし

好忠
蟲の音ぞ草むらごとにすだくなる我もこのよはなかぬばかりぞ

好忠
人は来ず風に木の葉は散りはてて夜な夜な蟲は声弱るなり

俊成
身の憂きも誰かはつらき浅茅生とうらみても鳴く蟲の聲かな

西行
あき風に穗ずゑ波よる苅萱の下葉に虫の聲亂るなり

西行
あきの夜に聲も惜しまず鳴く虫を露まどろまず聞きあかすかな

定家
そこはかと心にそめぬ下草も枯るればよわる蟲のこゑごゑ

良経
庭ふかきまがきの野辺の虫のねを月と風との下にきくかな

千載集 良経
さまざまの浅茅が原の虫の音をあはれひとつに聞きぞなしつる

良経
藻にすまぬ野原の蟲もわれからと長き夜すがら露に鳴くなり

実朝
庭草の露の数そふむらさめに夜ふかき蟲のこゑぞかなしき

定家
七夕の手だまもゆらにおるはたををりしもならふ蟲の聲かな

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 名月 今日の月 月見 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内