唐辛子 とうがらし

唐がらし茄子にあけも奪れず 来山

かくさぬぞ宿は菜汁に唐がらし 芭蕉

草の戸をしれや穂蓼に唐がらし 芭蕉

青くても有べき物を唐辛子 芭蕉

鬼灯を妻にもちてや唐がらし 也有

にしき木を立ぬ垣根や番椒 蕪村

餉にからき涙やとうがらし 蕪村

俵して蔵め蓄へぬ番椒 蕪村

御園守る翁が庭やとうがらし 蕪村

うつくしや野分のあとのとうがらし 蕪村

番椒畳の上へはかりけり 太祇

白き花のこぼれてもあり番椒 太祇

蕃椒常世が鉢にちぎりけり 召波

兵の矢先に似たり唐がらし 青蘿

寒いぞよ軒の蜩唐がらし 一茶

雨風にますます赤し唐辛子 子規

唐辛子蘆のまろ屋の戸口哉 子規

蕃椒広長舌をちぢめけり 子規

悪の利く女形なり唐辛子 子規

赤き物少しは参れ蕃椒 漱石

一莚唐辛子干す戸口かな 碧梧桐

鳴滝や植木が中の蕃椒 碧梧桐

一年を妻の蔵めし唐辛子 碧梧桐

白秋
武蔵野のだんだん畑の唐辛子いまあかあかと刈り干しにけれ

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 名月 月見 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 鬼灯 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図