瓢箪 ひょうたん ひさご ふくべ

ものひとつ我がよはかろきひさご哉 芭蕉

ありやうにすはりて青き瓢かな 涼菟

花や葉に恥しいほど長瓢 千代女

順礼の目鼻書ゆくふくべ哉 蕪村

人の世に尻を居へたるふくべ哉 蕪村

ひとりはえてひとつなりたる瓢かな 几董

夕かぜやしぶしぶ動く長ふくべ 几董

老たりな瓢と我影法師 一茶

取付て松にも一つふくべかな 子規

風ふけば糸瓜をなぐるふくべ哉 漱石

吐せども酒まだ濁る瓢かな 碧梧桐

台風に傾くままや瓢垣 久女

枯色の華紋しみ出し瓢かな 久女

あをあをとかたちきびしき瓢かな 蛇笏

池籬や瓢すがるる蔓はなれ 蛇笏

牧水
すがれ葉やすがれし蔓のうへにまろびあらはなるかも瓢の子等は

牧水
見てあればひとつひとつが笑ひいづるひさごの数はかずかぎりなし

牧水
大ひさご小ひさご地にまろびあひてねむりころがる秋のひなたに

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 名月 月見 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内