和歌と俳句

轡虫 くつわむし がちゃがちゃ

好忠
くつは蟲ゆらゆら思へ秋の野の藪のすみかは長き宿かは

匡房
駒なべて 麓の野辺に たづぬれば をぐらにすだく 轡虫かな

西行
うち具する人なき道の夕されば聲立ておくるくつわ虫かな

逢坂で聞かばや駒のくつわ虫 支考

露萩もおるる斗に轡虫 越人

城内に踏ぬ庭あり轡むし 太祇

さはがしき露の栖やくつわ虫 太祇

くつは虫いつかはかなきしもの声 暁台

轡虫すはやと絶ぬ笛の音 漱石

轡虫籠ふるはして鳴きにけり 放哉

がちやがちやに山霧はるゝ旭かな 石鼎

晶子
草むらに あるいと小き くつわ虫 北の海皆 ゆるがせて鳴く

白秋
人ひとり 三日の月夜に 行き消えて そのかの畑に 轡虫のこゑ

閨に遠くつるしかへけり轡虫 みどり女

がちやがちやの唇に垂れたる露一顆 石鼎

がちやがちやの鳴きさざめかす葎かな 青畝

がちやがちやの見えて鳴きゐる荷を下す 夜半

轡虫忘れてをれば鳴き出しぬ 播水

がちやがちやや月光掬ふ芝の上 水巴

鳴き出でてくつわは忙し籬かげ 久女

また逢ふまでのくつわ虫なく 山頭火

月にむいて誰をまつとなくくつわむし 山頭火

がちやがちやがちやがちや生き残つてゐる 山頭火

がちやがちやよ鳴きたいだけ鳴け 山頭火

篝火に近く鳴きゐるくつわむし 青邨

がちやがちやや壺より黒き八重葎 茅舎

松の月暗し暗しと轡蟲 虚子

轡虫かすかに遠き寝のやすく 風生

がちやがちやの高まるばかり人幽か 汀女

立ちよるや鳴音かへたる轡蟲 素十

轡虫雨の宵寝の耳はなれ 秋櫻子

青芝へ夜もあけはなつ轡虫 秋櫻子

くつわ虫のメカニズムの辺を行き過ぎぬ 草田男

夜天に虹見得るは不幸くつわ虫 草田男

くつわ虫激ち一夜に一生懸け 多佳子

くつわ虫歴とわが影燈を負ひて 多佳子

森を出て会ふ灯はまぶしくつわ虫 波郷

火祭を熱や熱やと轡蟲 風生