和歌と俳句

種田山頭火

前のページ< >次のページ

旅立つ今朝の、蝉に小便かけられた

笹に色紙は七夕の天の川

夕立晴れた草の中からおはぐろとんぼ

霧ふかく山奥は電線はつづく

山のまろさはがなき

近道の近道があるをみなへし

ここから下りとなる石仏

朝月のこる木槿が咲いてゐるながれ

氷屋ができて夾竹桃の赤や白や

近道のいちはやく山萩の花

水は岩からお盆のそうめん冷やしてある

見おくるかげは見えない松むし鈴むし

ま昼ふかうして鳴子鳴る

いなびかり別れて遠い人をおもふ

こうろぎこうろぎ風鈴が鳴る

一人となれば風鈴の鳴る

ちかく、あまりにちかくつくつくぼうし

がちやがちやがちやがちや生き残つてゐる

あすのあさの水くんでおくかなかな

昇る陽を吸うてゐる南無妙法蓮華経

秋がきた朝風の土に播いてゐる

めつきり秋めいた風が法衣のほころび

夕立が洗つていつた茄子をもぐ

夕立晴れたトマト畑に出て食べる

夕立晴るるや夕焼くる草の葉