和歌と俳句

竹下しづの女

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

固き帯に肌おしぬぎて種痘かな

短夜を乳足らぬ児のかたくなに

短夜や乳ぜり啼く児を須可捨焉乎

弾つ放して誰そ我がピアノ夏埃

鍵板打つや指紋鮮かに夏埃

伏し重つて清水掬ぶや生徒達

芥子摘めば手にもたまらず土に落ちし

乱れたる我れの心や杜若

瀧見人水魔狂ひ落る影見しか

打水やずんずん生くる紅の花

滴りて木賊嫩芽の色甘き

枯笹と墜ちし蝸牛に水暗し

夏痩の肩に喰ひ込む負児紐

秋日こめて紅蘆の葉や燃えそめし

紅葦の紅奪ひつつ陽は簷へ

三井銀行の扉の秋風を衝いて出し

夜寒児や月に泣きつつ長尿り

子を負うて肩のかろさや天の川

手袋とるや指輪の玉のうすぐもり

胼ふえてますます光る指輪かな

御忌僧一人異端者めきて鬚美事

ビン抜くや抜けて絡む毛秋の声

電気炬燵に膝すこしあて老母かな

今年尚其冬帽乎措大夫

蜜蜂の如女集れりゑびすぎれ

除夜の鐘襷かけたる背後より