和歌と俳句

暁の霧しづか也中禅寺 子規

島消えて舟あらはるゝ霧の中 子規

中天に並ぶ岩あり霧の奥 子規

清水の屋根あらはれぬ霧の中 子規

朝霧の雫するなり大師堂 子規

馬に二人霧をいでたり鈴のおと 漱石

霧こめて恵心寺見えぬ朝かな 碧梧桐

囲ひあらで湯槽に逼る狭霧かな 漱石


押し照れる月夜さやけみ鳥網張る秋田の面に霧立ちわたる

居酒屋を出入る人に霧深し 虚子

霧立つや大沼近き宮柱 碧梧桐


群山の 尾ぬれに秀でし 相馬嶺ゆ いづ湧き出でし 天つ霧かも


久方の 天つ狹霧を 吐き落す 相馬が嶽は 恐ろしく見ゆ


はり原の 狹霧は雨に あらなくに 衣はいたく ぬれにけるかも

晶子
秋の霧 身をまく時に くろ米の 飯のにほひを おもひ合せつ

晶子
しら麻の とばりほのぼの 社見ゆ 川の隈はふ 秋霧のうへ

江上に月のぼりたる夜霧かな 蛇笏

杣の戸をしめきる霧の去来かな 蛇笏

赤彦
さ夜ふかき霧の奥べに照らふもの月の下びに水かあるらし

赤彦
霧明りかくおぼろなる土の上にとほく別るる人やあるらん

赤彦
この朝け障子ばりする縁先の石のはだへにさ霧ふりつつ

晶子
何の木か節細き木の木立より大文字山につづく霧かな

街の燈の一列に霧うごくなり 亞浪

栂風も添ふ山鳴りや霧の中 亞浪

霧こむる四山や湖舟静かなり 麦南

夕霧や家路に馬のおとなしき 麦南

蟲籠をかき消す霧や深廂 草城

杣が身に霧ふる音や巌の上 石鼎

霧よ包め包めひとりは淋しきぞ 亞浪

夕霧や石ばかりなるいなり川 石鼎