和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

葦の閧フ泥ながるるよ汐干潟

対岸の模糊にうつりけり

城山の竹むらに鳴く雉子かな

花の風山峰たかくわたるかな

晴嵐に松鳴る中のさくらかな

松伐りし山のひろさや躑躅咲く

短夜や藺の花へだつ戸一枚

紫陽花に草子干す時暑さかな

晒し引く人涼しさを言ひ合へり

草庵の壁に利鎌や秋隣

雷晴れや日にのぞかるる椎の花

泉石を外づれる滝や青嵐

植ゑし田の中の巌や忘れ笠

鯉幟夕べたれけり木槿垣

曝書なほおのれに今日の忙事あり

無花果の門の格子や水を打つ

水草の流れ汲み打つ温泉町

行水や盥の空の樅の闇

晒井にたかき樗の落花かな

戸袋にあたる西日や竹植うる

此宿や飛瀑にうたす鮓の石

月の窓にものの葉うらのほたるかな

蚊ばしらや眉のほとりの空あかり

雷のあと日影忘れて花葵

雷やみし合歓の日南の旅人かな