和歌と俳句

飯田蛇笏

前のページ<< >>次のページ

書初や草の庵の紅唐紙

手毬かがるひとりに障子日影かな

うたたびやつけばもつるるの絲

手毬つく唄のなかなるお仙かな

墓松に玉蟲とるや秋近く

庵出る子に松風のほたるかな

月光に燭爽かや灯取蟲

山雲の翔りて咲けるぼたんかな

牡丹しろし人倫をとく眼はなてば

逆友を訪ふ岡晴れぬ青銀杏

瓜畑を展墓の人や湖は秋

江上に月のぼりたる夜霧かな

杣の戸をしめきるの去来かな

燕去つて柝もうたざる出水かな

なんばんをくらふ蟲とて人の影

炉ほとりの甕に澄む日や十二月

藪伐れば峰のこだます寒さかな

浦人に袈裟掛け松の小春かな

針売も善光寺みちの小春かな

船よせて漁る岸の冬日かな

湯屋出づるとき傘のみぞれかな

埋火や倚廬月あげて槻の枝