和歌と俳句

冬の山

定家
このごろは霜雪だにも落ち散らぬ冬のみ山のひるのさびしさ

冬の山人通ふとも見えざりき 漱石

冬の山うねうねとして入日かな 虚子

冬の山低きところや法隆寺 虚子

寺絶えてただに尖れり冬の山 碧梧桐

冬山や寺に薪割る奥は雪 蛇笏

冬山を伐つて日当る墓二つ 鬼城

冬山に住んで葛の根搗きにけり 鬼城

冬山へ高く飛立つ雀かな 鬼城

汽車は裾を大廻り行く冬の山 泊雲

冬山や身延と聞いて駕籠に覚む 普羅

冬山や人猿に似て菓子を売る 普羅

冬山やあけくれ通ふ背戸の納屋 石鼎

冬嶺の頂潰えて翠濃さ 石鼎

冬の山篠の刈らるゝ音すなり 喜舟

冬山や馬も清らに藁を敷く 普羅

学校に冬山の径の一うねり 普羅

谷底に吊橋かけぬ冬の山 普羅

冬嶺の不断の色を仰ぎけり 石鼎

一人にて渡舟にも乗り冬の山 素十

冬山に吉野拾遺をなこしたる 素十

日あたりて物音もなし冬の山 草城

鐘楼や城の如くに冬の山 茅舎

岡寺の高きに灯る冬の山 草城

ふるるものを切る隈笹や冬の山 水巴

このからだ投げだして冬山 山頭火

冬山や帽子をはらう栂のえだ 普羅

冬山のの極彩ものいはず 茅舎

鵯の声の長さや冬の山 たかし

風吹いて冬山刻をわきまへず 月二郎

巻いてある日除に遠く冬の山 万太郎

ふるさとや禮容嚴と冬大嶺 蛇笏

木を倒す音静まりし冬の山 立子

星ながら精しく掃きぬ冬の山 耕衣

しばらくは雀まじへぬ冬の山 耕衣