枯尾花

ともかくもならでや雪のかれ尾花 芭蕉

なきがらを笠にかくすや枯尾花 其角

ともかくも風にまかせてかれ尾花 千代女

根は切で極楽にあり枯尾ばな 千代女

狐火の燃えつくばかり枯尾花 蕪村

枯尾花野守が鬢にさはりけり 蕪村

我も死して碑に邊せむ枯尾花 蕪村

秋去りていく日になりぬ枯尾花 蕪村

水際の日に日に遠しかれを花 暁台

芥火の烟の中に枯尾花 暁台

枯 々て光をはなつ尾花哉 几董

舟慕ふ淀野の犬やかれ尾花 几董

かれ芒かさりかさりと夜明けたり 一茶

かれ芒人に売れし一つ家 一茶

何として忘ませうぞかれ芒 一茶

一葉
かれてたつただ一もともさびしきは嵐の庭の尾花なりけり

七湯の烟淋しや枯芒 子規

子規
武蔵野の冬枯芒婆婆に化けず梟に化けて人に売られけり

蒲殿の愈悲し枯尾花 漱石

石標や残る一株の枯芒 漱石

枯芒北に向つて靡きけり 漱石

枯芒飛ぶ蟲さへも居らずなり 虚子

憲吉
いにしへのこれの狩場の枯尾花きたり遊びてひと日暮せり

憲吉
もののふの古きかり場のかれ尾花今は長くて胸をし埋む

憲吉
胸をうづむ尾花が末は山すそへ光りなびきて暮れつづきけり

友にきくセメント岩や枯芒 山頭火

立冬 初冬 神無月  神の旅 初時雨 炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 かいつぶり 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図