與謝蕪村

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

風呂敷に乾鮭と見しは卒塔婆哉

さくら木の板も焼れて古暦

野の馬の韮をはみ折る霜の旦

冬木立北の家かげの韮を刈

冬されや韮にかくるゝ鳥ひとつ

松明ふりて舟橋わたる夜の霜

我骨のふとんにさはる霜夜かな

水鳥や夕日江に入垣のひま

水鳥や巨椋の舟に木綿売

水鳥も見えぬ江わたる寒さ哉

子を結ぶ竹に日くるゝしぐれ

邯鄲の市に鰒見る雪の朝

ふくと汁鼎に伽羅をたく夜哉

もち月の其きさらぎに鰒はなし

柊さす果しや外の浜びさし

茶のはなや石をめぐりて路を取

息杖に石の火を見る枯野

絶々の雲しのびずよ初しぐれ

痩脛に病より起ツ鶴寒し

もしほ草柿のもと成落葉さへ

雪白し加茂の氏人馬でうて

雪折やよし野の夢のさめる時

牙寒き梁の月の鼠かな

頭巾着て声こもりくの初瀬法師

麦蒔の罔両長き夕日かな

逢ぬ恋おもひ切る夜やふくと汁

うぐひすの啼や師走の羅生門

とし守や乾鮭の太刀鱈の棒

鋸の音貧しさよ夜半の冬

飛騨山の質屋とざしぬ夜半の冬

寒梅を手折響や老が肘

寒梅や出羽の人の駕の内

や何をたよりの猿おがせ

秋去りていく日になりぬ枯尾花

海棠の花は咲かずや夕しぐれ

雲のひまに夜は明て有しぐれ哉

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 太祇 暁台 几董 召波 白雄 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句