和歌と俳句

木枯らし

俊頼
誰にまた おもひ知らせむ 君待つと たたずむ庭の こがらしのこゑ

基俊
高圓の野路の篠原末さわぎそそや木がらし今日吹きぬなり

定家
よしさらば四方の木枯し吹きはらへ一葉くもらぬ月をだに見む

芭蕉
狂句こがらしの身は竹斎に似たる哉

芭蕉
こがらしや頬腫痛む人の顔

芭蕉
木枯に岩吹とがる杉間かな

芭蕉
木枯やたけにかくれてしづまりぬ

杉風
凩に何やら一羽寒げなり

也有
木がらしや海へとらるゝ鐘の声

也有
木がらしや風に有名の呼びじまい

蕪村
凩やこの頃までは荻の風

蕪村
こがらしや何に世わたる家五軒

蕪村
凩や広野にどうと吹起る

蕪村
こがらしや覗いて逃ぐる淵の色

蕪村
こがらしやひたとつまづく戻り馬

蕪村
こがらしや畠の小石目に見ゆる

蕪村
凩に鰓吹るゝや鉤の魚

蕪村
こがらしや岩に裂行水の声

蕪村
こがらしや野河の石を踏わたる

蕪村
木枯や鐘に小石を吹あてる

蕪村凩や何をたよりの猿おがせ

暁台
木がらしにむかひかねたり辻謡

白雄
こがらしや潮ながら飛浜の砂

太祇
木がらしの箱根に澄や伊豆の海

太祇
木がらしや手にみえ初る老が皺

太祇
木枯や大津脚絆の店ざらし

太祇
ぬれいろをこがらし吹や水車

几董
こがらしや三ツに裂たるちくま川

一茶
木がらしや地びたに暮るゝ辻諷ひ

一茶
木がらしの吹留りけり鳩に人

一茶
木がらしやこんにやく桶の星月夜

一茶
木がらしや小溝にけぶる竹火箸

一茶
売飯に夕木がらしのかかりけり

一茶
越て来た山の木がらし聞夜哉

一茶
木がらしにぐすぐす豚の寝たりけり

一茶
木がらしにしくしく腹のぐあい哉

一茶
木がらしや鎌ゆひつけし竿の先

一茶
木がらしや物さしさした小商人

一茶
木がらしや菰に包んである小家

一茶
木がらしや行抜路次の上総山

一茶
こがらしや風に乗行火けし馬

一茶
寝た人を凩づうんづうん哉

一茶
凩や常灯明のしんかんと