落葉

宗因
さびしさにたへし跡ふむ落葉哉

芭蕉
百歳の気色を庭の落葉哉

也有
老僧の仕事出来たる落葉かな

也有
こちの木を隣でもはく落ば哉

蕪村
乗物をしづかに居る落葉かな

蕪村
屋根ふきの落葉を踏や閨のうへ

蕪村
茶ぶくろを捨るところも落葉かな

蕪村
西吹ばひがしにたまる落葉かな

蕪村
落葉して遠く成けり臼の音

蕪村
舂臼の心落ちつく落葉かな

蕪村
待人の足音遠き落葉哉

蕪村
菊は黄に雨疎かに落葉かな

蕪村
古寺の藤あさましき落葉哉

蕪村
往来待ちて吹田をわたる落ば哉

白雄
日に悲し落葉たゞよふ汐ざかひ

太祇
中窪き径わび行落葉かな

太祇
人疎し落葉のくぼむ森の道

太祇
藤棚のうへからぬける落ばかな

几董
二度までは箒とりたる落葉哉

一茶
おち葉して仏法流布の在所哉

一茶
おち葉してけろりと立ちし土蔵哉

一茶
淋しさやおち葉が下の先祖達

一茶
猫の子がちよいと押へるおち葉哉

一葉
散たまるふもとの落葉わけて思ふ埋もれぬべき雪の山里

子規
湖の上に舞ひ行く落葉哉

子規
三尺の庭に上野の落葉かな

子規
谷底にとどきかねたる落葉哉

漱石
吹き上げて塔より上の落葉かな

左千夫
ちりひとつなしと歌われし吾庭の荒れにけるかも落葉つみつつ

左千夫
石にまとひ木の根にまとひ落葉らはおのがまにまにたむろせるみゆ

左千夫
恵林寺の門の長道二側に栗の並木は落葉せりけり

碧梧桐
左右にある殉死の塚の落葉かな

碧梧桐
立岩の裏も神ある落葉かな

碧梧桐
陣の跡地を走る風の落葉かな

碧梧桐
蘆の中の水に溜れる落葉かな

鬼城
落葉して心元なき接木かな

水巴
打ち返しある山畑の落葉かな

蛇笏
落葉すやしづかに庫裡の甕の水

立冬 初冬 神無月  神の旅 初時雨 炉開 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 かいつぶり 初雪 寒さ 冬木立 枯木 枯尾花
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内