和歌と俳句

落葉

普羅
旅人は休まずありく落葉の香

普羅
吐き出して落葉を惜しむ滝の渦

みどり女
になひ来し落葉をあけて行きにけり

みどり女
一枚の落葉の相ありにけり

みどり女
一枚の落葉盃日をすくふ

みどり女
犬が寝て落葉の嵩のへりにけり

みどり女
語らへば乳母車にも落葉降る

青邨
書きとむる落葉日記の二三行

青邨
ふりつもる落葉を蹴れば日にとどく


大わたや落葉ふむ音のみの道


月が照る家路は畦も落葉かな


落葉掃かれある子の墓をたゞ掃きぬ

波郷
ニコライの鐘の愉しき落葉かな

虚子
常寂光浄土に落葉敷きつめて

亞浪
落葉すや木曾の塗師の門ひろく

亞浪
停電の闇に眼をあげ落葉きく

立子
落葉吹きたまりしところ古墳あり

林火
一としきり落葉して木はまた日を浴ぶ

波郷
落葉の嵩病室よりの楽遍し

楸邨
遠き汽車落葉は堅き土に着く

鷹女
白骨の手足が戦ぐ落葉季

秋櫻子
落葉聴く豊頬陶土観世音

鷹女
落葉 落葉落葉 臥床の中にも降る

爽雨
土もまた順ふ落葉掃きすすむ

爽雨
落葉ふむ音はうしろへ残るもの

万太郎
格子出づけさの落葉のふきたまり

虚子
岩壁に這ひ上る如落葉積み

虚子
静なる落葉の下にわれは在り

虚子
掃く時も佇む時も落葉降る

虚子
ほこほこと落葉が土になりしかな

波郷
落葉道下りゆく心虔しき

立子
此処に又落葉掃きためマッチすり

立子
町中に落葉に埋れ宮古りぬ

立子
街路樹の落葉や門に吹きたまり

立子
落葉掃く音近くなり遠くなり

波郷
落葉敷いてわが病棟の巨き影

汀女
障子閉めて落葉しづかに終る日ぞ

悌二郎
マリヤ死と来ます愉悦図飛ぶ落葉

爽雨
立ちはしる厚き落葉の上の落葉

林火
佐久佐女の森の落葉の紅一枝

風生
柔かに褥敷かせる落葉かな