和歌と俳句

落葉

素十
箒さき吹き返さるる落葉かな

素十
蹴ちらせば霜あらはるる落葉かな

蛇笏
山土の掻けば香にたつ落葉かな

蛇笏
落葉すや神憑く三つの影法師

万太郎
ふりいでし雨ぬれそめし落葉かな

青邨
掃き掃いて落葉の庵をひとめぐり

爽雨
森外は雪ぞちりきぬ落葉掻

みどり女
両側の家大いなる落葉かな

立子
鳩とんで屋根の落葉の舞ひ落ちぬ

風生
雑色や落葉一つを拾ひ去る

青邨
前をゆく人にはらはら落葉かな

秋櫻子
むさしのの空真青なる落葉かな

秋櫻子
月いでて遠き落葉のかがやきぬ

不器男
落葉すやこの頃灯す虚空蔵

喜舟
竹箒落葉の寺へ納めけり

喜舟
経蔵へ鼬走りし落葉かな

山頭火
それでよろしい落葉を掃く

山頭火
父が掃けば母が焚いてゐる落葉

立子
右銀杏左紅葉の落葉道

山頭火
山家の客となり落葉ちりこむ

山頭火
おべんたうをひらく落葉ちりくる

山頭火
鉄鉢、散りくる葉をうけた

山頭火
落葉拾ふてはひとり遊んでゐる

山頭火
たたづめばおちてきた葉

山頭火
しんせつに教へられた道の落葉

山頭火
落葉うづたかく御仏ゐます

爽雨
絵葉書をかけて閉せり落葉茶屋

普羅
一もとの落葉する木に二三軒

普羅
落葉して杉あらはるゝ山路かな

立子
からからと落葉追ひ来て追ひ越しぬ

立子
独楽もつて子等上りくる落葉寺

立子
赤き独楽まはり澄みたる落葉かな

立子
あばれ独楽やがて静まる落葉かな

立子
落葉降る大木に身をよせにけり

山頭火
落葉ふる奥ふかくみほとけを見る

山頭火
夕日の、ひつそりと落葉する木の

万太郎
うつくしき日のてりそへる落葉かな

立子
落葉ふる大きな音や雑木山

立子
落葉掻手のとどかざるうれしさよ

立子
降るといふほどにはあらぬ落葉かな

たかし
ゆるやかに落葉降る日を愛でにけり

山頭火
空腹かかへて落葉ふんでゆく

山頭火
どこやらに水の音ある落葉

山頭火
太陽がのぞけば落葉する家や

山頭火
落葉ふんでどこまでも落葉

山頭火
落葉ひよろひよろあるいてゆく

山頭火
地べた日向をころげて落葉

みどり女
下りて行く人に従ふ落葉道

汀女
高きよりたまりこぼるる落葉かな

汀女
ひらひらと幹にうつりて落葉かな

立子
昼前に落葉掃きしと百花園