和歌と俳句

種田山頭火

前のページ< >次のページ

ゆふ空の柚子二つ三つ見つけとく

月にむいて誰をまつとなくくつわむし

露も落葉もみんな掃きよせる

あてもなくあるけばがついてくる

みほとけのかげにぬかづくもののかげ

草もかれゆくこうろぎとびあるく

をもぐ長い長い竿の空

ただ百舌鳥のするどさの柿落葉

空からもいで柚味噌すつた

待つて待つて葉がちる葉がちる

つぎつぎにひらいてはちる壺の茶の花

朝はよいかな落ちた葉の落ちぬ葉も

わたくしのほうれんさうが四つ葉になつた

ああしてかうして草のうへで日向ぼこして

水音の秋風の石をみがいてゐる

水はたたへて秋の雲うつりゆく

落葉ふる奥ふかくみほとけを見る

夕日の、ひつそりと落葉する木の

ただ一本の寒菊はみほとけに

山茶花さいてお留守の水をもらうてもどる

誰かきそうな空からこぼれる枇杷の花

しぐれたりてりだしたりここそこ茶の花ちつて

あしもとのりんだう一つ二つひらく