蟋蟀 こおろぎ ちちろ虫 つづれさせ

良寛
今よりはつぎて夜寒になりぬらしつづれさててふ蟲の聲する

曙覧
つゞりさせいつまで呼て此虫は寝ること知らに夜を明すらむ

一葉
夜もすがら聞くともなしに聞てけりいをねぬねやのこほろぎの声

漱石
こうろげの飛ぶや木魚の声の下

一葉
寂しさもまぎれなくこそなりにけれ更けてさやけきこほろぎの声

左千夫
ゆかの上水こえたれば夜もすがら屋根のうらべにこほろぎの鳴く

左千夫
くまもおちず家ぬちは水にひたればか板戸によりてこほろぎの鳴く

左千夫
只ひとり水づく荒家に居残りて鳴くこほろぎに耳かたむけぬ

左千夫
さ夜ふけて訪ひよる人の水おとに軒のこほろぎ声なきやみぬ

子規
こほろぎや物音絶えし台所

利玄
朝月は小萩の露にしづみけりあかつきやみのこほろぎの聲

利玄
月さむき夜頃となりぬ蘆の穂のしろき堤のこほろぎの聲


芋の葉ゆこぼれて落つる白露のころゝころゝにこほろぎのなく


我が庭の梅の落葉に降る雨の寒き夕にこほろぎのなく

左千夫
秋ふけて野もさびゆけばみ墓辺に鳴くかこほろぎ訪ふ人もなく

左千夫
起臥の朝戸夕戸に声立てて吾悲しみを鳴くかこほろぎ

晶子
露の路畑をまがれば君みえず黍の穂にこほろぎ啼きぬ

千樫
月夜よみ藁をたばねてひとり居る秋の野面のこほろぎのこゑ

千樫
露しろく夕月てりて新藁のにほひひややかにこほろぎ鳴くも

千樫
馬の背山山の裾べを霜けぶりさ夜くだちつつこほろぎのこゑ


秋の野に豆曳くあとにひきのこる莠がなかのこほろぎの聲


辣薤のさびしき花に霜ふりてくれ行く秋のこほろぎの聲


男郎花まじれる草の秋雨にあまたは鳴かぬこほろぎの聲


木曾人の朝草刈らす桑畑にまだ鳴きしきるこほろぎの聲


垣に積む莠がなかのこほろぎは粟畑よりか引きても來つらむ

晶子
花草の原のいづくに金の家銀の家すや月夜こほろぎ

牧水
地のそこに消えゆくとおもひ中ぞらにまよふともきこゆ長夜こほろぎ

碧梧桐
魔がさすといふ野日高しちゝろ虫

茂吉
とほ世べの 恋のあはれを こほろぎの 語り部が夜々 つぎかたりけり

茂吉
てる月の 清き夜ごろを 蟋蟀や ねもころころに 率寝て鳴くらむ

茂吉
うつし身の稀らにかよふ秋やまに親しみて鳴く蟋蟀のこゑ

茂吉
もみぢ原ゆふぐれしづみ蟋蟀はこの寂しさに堪へて鳴くなり

憲吉
ひとは今ことば悲しくこほろぎの吾が耳ぞこにかたりけらずや

茂吉
宵浅き庭を歩めばあゆみ路のみぎりひだりに蟋蟀鳴くも

茂吉
つめたき土にうまれし蟋蟀のまだいはけなく鳴ける寂しさ

千樫
吾からと別れを強ひし心もてなにに寝らえぬ夜半のこほろぎ

千樫
ひそひそになくや蟋蟀ひそかにはわが鋭心はにぶりはてしも

千樫
さ夜ふかくなくやこほろぎ心ぐし人もひそかにひとり居るらし

千樫
昼の野になくやこほろぎほろほろに父母の手にすがらまくすも

晶子
こほろぎは床下に来て啼く時にちちこひしなどおどけごと云ふ

茂吉
入りつ日の入りかくろへば露満つる秋野の末にこほろぎ鳴くも

茂吉
星おほき花原くれば露は凝りみぎりひだりにこほろぎ鳴くも

白秋
編みさしの赤き毛糸にしみじみと針を刺す時こほろぎの鳴く

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 今日の月 月見 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
お得区案内図