花野

実朝
秋萩の花野のすすき露をおもみおのれしをれて穂にや出でなん

山伏の火をきりこぼす花野哉 野坡

笠を置とこを見ありく花野哉 千代女

松明消て海すこし見ゆる花野哉 蕪村

廣道へ出て日の高き花野かな 蕪村

二里といひ一里ともいふ花野哉 太祇

折よりは行に慰む花野哉 召波

今迄は踏れて居たに花野かな 一茶

わか犬が蜻蛉返りの花の哉 一茶

から駕籠の近道戻る花野哉 子規

左千夫
天地のくしき草花目にみつる花野に酔て現ともなし

川上の水静かなる花野かな 碧梧桐

露ふむで指す方もなき花野哉 放哉

赤彦
かかる國に生れし民ら起き出でて花野の川に水を汲むかも

芒絶て茅の穂交り花野かな 碧梧桐

芒谷下りて果なき花野かな 碧梧桐

東に日の沈みゐる花野かな 虚子

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 名月 今日の月 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図