良夜

どこやらに花火のあがる良夜かな 虚子

筆硯に多少のちりも良夜かな 蛇笏

芋の葉影土に蒐まれる良夜かな 泊雲

入相の鐘のあとなる良夜かな 青畝

垣外のよその話も良夜かな 風生

葛飾は早稲の香にある良夜かな 秋櫻子

ふくろふの口ごもり鳴ける良夜かな 秋櫻子

五位鷺の森さわがしき良夜かな 秋櫻子

ひらかるゝ窓のひかりし良夜かな 草城

せゝらぎは殊にさゞめく良夜かな 泊雲

人それぞれ書を読んでゐる良夜かな 青邨

老杉の髪のごとくに良夜かな 茅舎

高原の薄みじかき良夜かな たかし

山畑に霧一抹の良夜かな たかし

山に彳ち山山見つる良夜かな たかし

山山を統べて富士見る良夜かな たかし

まだ十時すこしまへなる良夜かな 万太郎

仏の灯浴びて良夜のあるじかな 麦南

埼々の法螺吹きならす良夜かな 鳳作

甃硯のごとき良夜かな 茅舎

落葉松は良夜の湖をかくし得ず 青畝

白かりし良夜の土の欺けり 誓子

良夜の樹西方よりの月に照る 誓子

門とぢて良夜の石と我は居り 秋櫻子

男・女良夜の水をとび越えし 三鬼

浜畠螺鈿となりて良夜かな 青畝

新聞紙踏むは良夜の男靴 静塔

窓も狭に良夜の患者立ち群れつ 波郷

國境の高嶺競へる良夜かな たかし

妻癒えて良夜我等の影並ぶ 秋櫻子

ならはしの良夜の芥子を妻と蒔く 爽雨

をちこちのをちの良夜の森に靄 爽雨

灯ともして良夜を証す艀妻 不死男

ビルの建つまでの空地の良夜かな 万太郎

丘つづく大和の國の良夜かな 青畝

大佛の大鐘見ゆる良夜かな 青畝

星燃えてゐる洞爺湖は良夜かな 青畝

むささびの落ちつき得ざる良夜かな 青畝

飛倉の信貴しづまりし良夜かな 青畝

山々のみな丹波なる良夜かな 林火

杉折れて嵐のあとのまま良夜 林火

人形に泣き足り帰る良夜かな 林火

みどりごのまろき欠伸も良夜かな 林火

野分 三日月 秋の夜 夜長 花野 刈萱 撫子 桔梗 女郎花 藤袴 松虫 鈴虫 馬追 蟋蟀 竈馬 きりぎりす くつわむし 鉦叩 蟷螂 名月 今日の月 月見 良夜 無月 十六夜 蜻蛉 曼珠沙華 鶏頭 雁来紅 秋海棠 竜胆 コスモス 吾亦紅 露草 蕎麦の花 糸瓜 唐辛子 唐黍 木犀 冷やか 秋の水
お得区案内図