和歌と俳句

水原秋櫻子

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

厨子の前望のひかりの来てゐたり

燭あかく弥勒のおはす良夜かな

馬追のまづ鳴きいでし良夜かな

ふくろふの口ごもり鳴ける良夜かな

五位鷺の森さわがしき良夜かな

葛飾の花火ときける夜道かな

新涼の浪ひるがへり蜑が窓

波の音けふ高けれどきりぎりす

街道に芙蓉の家の静かかな

萩寺の門宵闇となりにけり

宵闇や通ひなれたる芋畑

鯊釣や友舟とほき澪標

鯊釣や不二暮れそめて手を洗ふ

鯊釣や西日にかぶる古帽子

鰡釣に波の曙うまれけり

焼けば寝そびれあそぶ末子かな

大嶺と暮れてあやなき案山子かな

夕月のたへにも繊き案山子かな

鈴生りの大樹の柿や鳥威し

秋耕や遠畝廻りぬ石たたき

秋耕や富士をさへぎる山もなく

灯のいろのしづけき宵ぞ絵燈籠

釣人に隠れ家の菊見られけり

秋燈や学期はじめの寮の窓

秋水や蘆にせばまりまた広く