和歌と俳句

渡邊水巴

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

庭すこし踏みて元日暮れにけり

町灯りてはや売りにきぬ宝舟

楢林春日あるかぎり踏まんかな

楫取のつぶらなる眼や雪解風

長崎の燈に暮れにけり春の海

一桶の春水流す魚の棚

土雛は昔流人や作りけん

柴漬を揚ぐる人あり花の雨

花冷えに欅はけぶる月夜かな

菜の花が岬をなすや琵琶の湖

柏餅古葉を出づる白さかな

咲きつきて灯に片よりぬ水中花

水中花萍よりもあはれなり

蚊帳越しや合歓は軒端にさめてあり

いささかの草市たちし灯かな

雁しきりに来るや江楼書画の会

鉈豆の蔓の高きに蜻蛉かな

団栗の己が落葉に埋れけり

松に菊蕎麦屋の庭の時雨かな

煤掃いてなほ残る菊をいとほしむ

ぬかるみに踏まれし歯朶や年の市

歌舞伎座の絨毯踏みつ年忘

乾鮭は仏彫る木の荒削り

打ち返しある山畑の落葉かな

折り取つて日向に赤し寒椿

枯柳雀とまりて色もなし