和歌と俳句

渡邊水巴

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

牡丹見せて障子しめたる火桶かな

燈の下に今日の身は無き布団かな

水鳥の声に行かばや櫟原

雨までは淡くも日あれ枇杷の花

寒菊やつながれあるく鴨一つ

今日もなほ咲かぬしづかや冬牡丹

町ほのぼの鶏逃げあるく出初かな

雑煮待つま八ツ手に打ちし水凍る

眠れねば香きく風の二月かな

ぬかるみに夜風ひろごるかな

冷やかに牡丹蕾み居る遅日かな

大空にすがりたし木の芽さかんなる

芽吹きつつ枯木のままの月夜かな

霜除は納豆の苞や牡丹の芽

山吹や暮れかねつうごく水馬

葉蘭活けて春行くままのお木像

春を惜む灯に幽かなる河鹿かな

人少なにあれど薫風釈迦如来

卯月住むや楓の花と妹ぎり

落葉松の緑こぼれんかな

葭切のさからひ啼ける驟雨かな

花桐やなほ古りまされ妙義町

灯を愛づる夜冷にの落花かな

散る薔薇に下り立ちて蜂吹かれけり

向日葵もなべて影もつ月夜かな