西島麦南

餅花にともし隈なき大廈かな

浦波にただよふ羽子のありにけり

妻隠にあづまをくだる傀儡師

初富士に牢獄の扉はめしひたり

松過ぎし勤労の餉にたんのうす

玉の緒のがくりと絶ゆる傀儡かな

朝夕の潮の遠音も羽子日和

働かぬ手にいただくや雑煮箸

佝僂の子の帯うつくしき手毬かな

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亞浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句