水原秋櫻子

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

なく雲雀松風立ちて落ちにけり

行春や水草のみなる池の面

紫雲英咲く小田部に門は立てりけり

来しかたや馬酔木咲く野の日のひかり

牡丹の芽当麻の塔の影とありぬ

蟇ないて唐招提寺春いづこ

或る門のくづれて居るに馬酔木かな

野茨のはびこり芽ぐむ門を見つ

馬酔木咲く金堂の扉にわが触れぬ

蝌蚪の水わたれば仏居給へり

馬酔木より低き門なり浄瑠璃寺

金色の仏ぞおはすかな

や雨やむまじき旅ごろも

鶯や舟行く淵の底は岩

梨咲く葛飾の野はとの曇り

万葉の古江の春や猫柳

しろじろと遅きあり薮の中

連翹や真間の里びと垣を結はず

葛飾の籬も水田べり

草餅や帝釈天へ茶屋櫛比

遊園の春ととのひぬ桜餅

木の芽影みだして水の家鴨の子

廃園の門とし見れば蘆の角

柳鮠蛇籠になづみはじめけり

鮠釣に水草生ひ出て光たれ

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 久女 淡路女 青邨 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 誓子 不死男 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
和歌と俳句