猫柳

白秋
猫やなぎ薄紫に光りつつ暮れゆく人はしづかにあゆむ

白秋
猫柳薄紫に光るなり雪つもる朝の河岸のけしきに

白秋
猫柳春の暗示のそことなくをどる河辺を泣きてもとほる

白秋
猫柳ものをおもへば猫の毛をなづるここちによき風も吹く

草の戸にふやけて咲くや猫柳 鬼城

猫柳に塵取をはたき彳める 碧梧桐

流水や泡せきとめて猫柳 泊雲

茂吉
猫柳の 花たづさへて 寺に入りゆく童女を見たり わが心和ぐ

一本の杭ぜの飛沫猫柳 泊雲

万葉の古江の春や猫柳 秋櫻子

古簗に水たうたうと猫柳 悌二郎

猫柳高嶺は雪をあらたにす 誓子

猫柳みどりの蕋を吐いて咲く 青邨

両岸の土手の遠さや猫柳 石鼎

瀬の魚の未だとばざる猫柳 石鼎

洗ひ牛追ひあぐ岸や猫柳 石鼎

どの家も溝川べりや猫柳 立子

ゆく水におそき月日や猫柳 淡路女

流木のすれあたり過ぐ猫柳 石鼎

岸に着いて舳ゆれをり猫柳 石鼎

猫柳水と畑との間より 石鼎

猫柳畑地のなかに池一つ 石鼎

猫柳呆けて天の青き見ず 楸邨

猫柳又現はれし漁翁かな 虚子

猫柳ほほけし上にかかれる日 虚子

ねこやなぎ草籠にして畔火ふむ 蛇笏

猫柳ほうけては落つ絨毯に 青邨

子を抱いて老いたる蟹や猫柳 虚子

まさをなる大草籠にねこやなぎ 蛇笏

猫柳日輪にふれ膨らめる 青邨

ぎんねずに朱のさばしるねこやなぎ 蛇笏

ねこやなぎ名残りの雨に日の通る 蛇笏

両岸の土手の遠さや猫柳 石鼎

流木のすれあたり過ぐ猫柳 石鼎

猫柳畑地のなかに池一つ 石鼎

あたたかや皮ぬぎ捨てし猫柳 久女

猫柳四五歩離れて暮れてをり 素十

猫柳暮れてゆくなりいつまでも 楸邨

猫柳奈良も果なる築地越し 楸邨

枯山をほとばしる瀬のねこやなぎ 蛇笏

わが影す野渡昼ふかきねこやなぎ 蛇笏

頁繰る二月の季寄せ猫柳 立子

猫柳妻が近づく匂ひあり 楸邨

老友といしくもいへりねこやなぎ 万太郎

うそはうそほんとはほんと猫やなぎ 万太郎

猫柳女の一生野火のごと 鷹女

猫柳酒あっさりと止められし 万太郎

立春 早春 春浅し 二月 初午 雪解 残雪 春寒 余寒 冴え返る 猫の恋 野を焼く 山焼く 麦踏 猫柳 蕗の薹 紅梅 実朝忌 三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀
お得区案内図