和歌と俳句

飯田蛇笏

山響集

前のページ<< >>次のページ

アカシヤに衷甸駆る初夏の港路

虹になき雲にうつろひ夏ひばり

槻の南風飛燕の十字かたむけり

朝日夙く麓家の桐花闌けぬ

ほとびては山草を這ふ梅雨の雲

奥嶺より郭公啼きて反古供養

露さむや娘がほそ腰の力業

零餘子おつ土の香日々にひそまりぬ

露の香にしんじつ赤き曼珠沙華

草川のそよりともせぬ曼珠沙華

初栗に山土の香もすこしほど

菩薩嶺は獄はるかにて帰燕ゆく

天すみて火祭了へぬ秋つばめ

芙蓉咲き風邪ひく山羊の風情かな

鉱山のひぐらし遠くなりにけり

嶺を斜に日のどんよりと冬かすみ

山雪に機織る箴のこだまかな

寒来り雲とどこほる杣の墓

甕埴瓮冬かすみして掘られけり

霜枯れの荏を搖る風に耕せり

倦怠の眼に涙する圍爐裡かな

爐火たのし柴もて鍋の芋さしぬ

杣の子が喰ひふくらみて歳の暮

山地蕎麦掛け干す樹々に初しぐれ

瀧きほひ蘭の實枯れて時雨雲