和歌と俳句

蜩 ひぐらし かなかな

茂吉
茅蝉の鳴く諸ごゑをあはれみて起きいでてくる朝のひととき

ひぐらしや絨毯青く山に住む 多佳子

ああ蜩わが念ふときこゑおこる 楸邨

ひぐらしや人びと帰る家もてり 桃史

白樺にかなかな鳴きて大花壇 蛇笏

ひぐらしや煮ものがはりの鰌鍋 万太郎

ひぐらしに雨戸なき夜の明け放れ 万太郎

蜩やはや子の顔の見えわかず 汀女

会えば兄弟ひぐらしの声林立す 草田男

白秋
東山野この夕はじめてきく声の茅蜩のこゑは竹にとほれり

目覚むれば朝ひぐらしの蚊帳なびき 楸邨

蜩や疑念の闇うちひびき 楸邨

蜩や疑念ほぐれ夕焼けたり 楸邨

三等車朝蜩の山がはしる 楸邨

蜩や誰かに見られゐし夕餉 楸邨

ひぐらしや対きあふひとの眸の疲れ 信子

暁のかなかな三日月われをのぞき落つ 亞浪

ひぐらしのやむや浅黄の日の暮れて 石鼎

かなかなのいまゝで鳴いてゐたりしが 万太郎

蜩の声山林に奥まりつつ 草田男

妻ゐねば蜩ないて腹減りぬ 楸邨

蜩や痞へし胸を抱き呆け 友二

夕刊一紙蜩と来て正に暮る 友二

蜩や南大手の御門跡 占魚

かなかなの大音声や本門寺 茅舎

かなかなや芭蕉廓然たる未明 茅舎

かなかなとつれて日くるるせみしぐれ 石鼎

ひぐらしに黄金いろして夜明雲 石鼎

蜩や天に崖あるひくれどき 楸邨

蜩や終りに近く読み残し 花蓑

ひぐらしを手捕りぬ蒼き淵の上 秋櫻子

ひぐらしやあまた瀧落つ湯檜曾川 秋櫻子

蜩や灯のうつくしき上野行 楸邨

ひぐらしに樹々の残照ながかりき 信子

蜩や雲のとざせる伊達郡 楸邨

蜩やここより径は南谷 楸邨

蜩や杉の左右の蝉しぐれ 楸邨