今朝の秋

季吟
さびしさのをさなそだちやけさの秋

芭蕉
はりぬきの猫もしる也今朝の秋

許六
須田町に初物うれしけさの秋 

支考
一筋の糸よりかなし今朝の秋

千代女
蚊屋の浪かほにぬるるや今朝の秋

千代女
琴の音の我にかよふや今朝の秋

千代女
見ゆるかとまづ仰向やけさの秋

千代女
唐崎や露につゆ置けさの秋

千代女
萩の葉のもの言かほやけさの秋

也有
寝過して大工来にけり今朝の秋

蕪村
温泉の底に我足見ゆるけさの秋

蕪村
貧乏に追いつかれけりけさの秋

蕪村
女郎花二もと折ぬけさの秋

蕪村
硝子の魚おどろきぬけさの秋

蕪村
団扇して燈けしたりけさの秋

太祇
すゞしさのめでたかりけり今朝の秋

暁台
鶯の浅茅がくれや今朝の秋

几董
あかつきの神鳴はれてけさの秋

召波
白馬寺に如来うつしてけさの秋

召波
荒海に題目見えてけさの秋

召波
厭はるゝ身を起されつけさの秋

青蘿
夏痩のふしぶし高しけさの秋

青蘿
土用より朝顔咲て今朝の秋

一茶
けさ秋や瘧の落ちたやうな空

立秋 今朝の秋 初秋 桐一葉 星月夜 七夕 織女 星合 天の川 梶の葉 草市 迎え火 盂蘭盆 魂祭り 墓参り 灯籠 走馬灯 盆の月 盆踊り 灯籠流し 送り火 大文字 花火 法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図