初嵐 はつあらし

日を拝む蜑のふるへや初嵐 嵐雪

君こねばあぶら灯うすし初嵐 太祇

朝顔の花やぶれけり初嵐 子規

恙なきや庵の蕣初嵐

風呂に入れば裏の山より初嵐 漱石

温泉湧く谷の底より初嵐 漱石

ことし掻けば枯るる漆や初嵐 碧梧桐

はつ嵐真帆の茜に凪ぎにけり 蛇笏

琴の音や芭蕉すなはち初嵐 蛇笏

巨涛砕けて残る水泡や初嵐 石鼎

初嵐穂蘆の外に鰡飛んで 亞浪

戸を打つ搏つて落ちし簾や初嵐 かな女

纜にしぶき煙や初嵐 泊雲

ぽつぽつと黍の孕み穂初嵐 泊雲

白壁に雨のまばらや初嵐 泊雲

初嵐芭蕉ほどなる大カンナ 石鼎

黍の音夜天にひろし初嵐 石鼎

棚ふくべ現れ出でぬ初嵐 虚子

高黍の門辺に立てば初嵐 風生

灯して子とあそびけり初嵐 かな女

逢ひみたき人は遠さよ初嵐 淡路女

帷子の紺あでやかに初嵐 喜舟

野の花を挿したる瓶に初嵐 みどり女

四つ手網雑魚をふるひぬ初あらし 秋櫻子

藤棚に月よく動く初嵐 立子

何となく人に親しや初嵐 虚子

はつあらし佐渡より味噌のとどきけり 万太郎

初嵐して人の機嫌はとれませぬ 鷹女

来る人の今日かあしたか初嵐 立子

遠の花はたゞ黄色なり初嵐 立子

初あらし灯影水路にはしり消ゆ 秋櫻子

初あらし水路劃線を撓めたり 秋櫻子

時計員ゴール目守れば初あらし 秋櫻子

初あらし鷹を入江に吹き落す 秋櫻子

初あらし崎の楊を吹きなびけ 秋櫻子

初あらしあまたの崎へ波を刷く 秋櫻子

はつ嵐小猿に鷲はこずゑかな 蛇笏

野鳥より瀬のうろくづに初嵐 蛇笏

青空に小鳥飛ばされ初嵐 みどり女

初嵐すだれを吹いてすぎにけり 万太郎

初嵐多忙はむしろいさぎよく 林火

はつあらし佐渡より味噌のとゞきけり 万太郎

初嵐干しし水着を奪らんとす 悌二郎

大袈裟にゆるる櫟や初あらし 波郷

立秋 今朝の秋 初秋 桐一葉 星月夜 七夕 織女 星合 天の川 梶の葉 草市 迎え火 盂蘭盆 魂祭り 墓参り 灯籠 走馬灯 盆の月 盆踊り 灯籠流し 送り火 大文字 花火 法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 流星 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内