蜩 ひぐらし かなかな

古今集 よみ人しらず
ひぐらしの鳴きつるなへに日はくれぬと思ふは山のかげにぞありける

古今集 よみ人しらず
ひぐらしの鳴く山ざとの夕ぐれは 風よりほかにとふ人もなし

後撰集 貫之
ひぐらしの声聞く山の近けれや鳴きつるなへに入り日さすらん

貫之
ひぐらしの声聞くからに松虫の名にのみ人を思ころ哉

貫之
心有て鳴きもしつるかひぐらしのいづれも物のあきてうければ

源氏物語.若菜
夕露に袖濡らせとやひぐらしの鳴くを聞きつつ起きて行くらん

源氏物語.若菜
待つ里もいがが聞くらんかたがたに心騒がすひぐらしの声

西行
松風の音あはれなる山里にさびしさ添ふるひぐらしの声

式子内親王
日ぐらしの声も尽きぬる山蔭に又驚かす入相のかね

新古今集 藤原長能
ひぐらしのなく夕暮ぞ憂かりけるいつもつきせぬおもひなれども

定家
木の葉吹く風の心になびき来て枕にかはる蜩のこゑ

定家
み山吹くかぜのひびきになりにけりこずゑにならふ蜩のこゑ

定家
かへりこむ月日かぞふるあさぢふも今は末なるひぐらしの声

良経
小萩さく山のゆふかげ雨過ぎて名残の露にひぐらしぞ鳴く

良経
下草に露をきそへて秋のくるしげきのもりにひぐらしぞなく

良経
清水せく森の下風ふきまよひ波にぞ浮かぶひぐらしのこゑ

日ぐらしや木に啼むしはまだ暑し 也有

とし四十蜩の声耳にたつ 白雄

ひぐらしや明るき方へ鳴うつり 暁台

蜩のなけばひさごの花落ぬ 暁台

日ぐらしや我影法師のあみだ笠 一茶

良寛
我が待ちし秋は来にけり高砂の尾の上にひびく日ぐらしの聲

立秋 今朝の秋 初秋 桐一葉 七夕 織女 星合 天の川 梶の葉 草市 迎え火 盂蘭盆 魂祭り 墓参り 灯籠 走馬灯 盆の月 盆踊り 灯籠流し 送り火 大文字 花火 法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図