和歌と俳句

蜩 ひぐらし かなかな

蜩や今日もをはらぬ山仕事 石鼎

蜩や山の井汲みに杉の道 泊雲

吾妻山くだりくだりて聞きつるはふもとの森のひぐらしのこゑ 茂吉

日ぐらしの女めくこそ悲しけれ青桐の幹抱きしめて鳴く 晶子

三笠山かなかな啼いてなつかしき 石鼎

ボルドオの酒とひとしき日光に白金を磨るかなかなの蝉 晶子

ひぐらしの声の残るを岩山の夜のしづくと思ひけるかな 晶子

出水川かなかな鳴いて日当りぬ 石鼎

かなかなや紫金ちらして飛びうつり 石鼎

夕ぐれのすずしさ早し山畑をめぐる林の蜩のこゑ 赤彦

赤倉や山にひろごる雲を切る鋏刀をつかふかなかなの蝉 晶子

蜩や何にもしみる夕日影 喜舟

いなのめに茅蜩啼けり子は覚めてすでにききゐつその茅蜩を 白秋

茅蜩の啼きづるきけば眉引の月の光し白みたるらし 白秋

一つ啼く茅蜩ときくに音につぎてこもごもに啼く朝明の茅蜩 白秋

潮満ちきつてなくはひぐらし 放哉

茂吉
ひぐらしは墓地の森より鳴きそめてけふのゆふぐれわが身にぞ沁む

ひぐらしに燈火はやき一間かな 万太郎

ひぐらしの遠のく声や山平ら 蛇笏

ひぐらしのこゑのつまづく午後三時 蛇笏

暁の蜩四方に起りけり 石鼎

蜩に刻々松の暮色かな 草城

蜩に夕べの池をめぐりけり 草城

蜩や鏗々として鳴き澄める 草城

蜩や早鼠つく御仏飯 茅舎

蜩に十日の月のひかりそむ 茅舎