天の川

人麻呂歌集
天の川水さへに照る舟泊てて舟なる人は妹と見えきや

人麻呂歌集
天の川安の渡りに舟浮けて秋立つ待つと妹に告げこそ

人麻呂歌集
天の川い向ひ立ちて恋しらに言だに告げむ妻どふまでは

人麻呂歌集
いにしへゆあげてし服も顧みず天の川津に年ぞ経にける

人麻呂歌集
天の川楫の音聞こゆ彦星と織女と今夜逢ふらしも

憶良
天の川相向き立ちて我が恋ひし君来ますなり紐解き設けな

ひさかたの天の川瀬に舟浮けて今夜か君が我がり来まさむ

風雲は二つの岸に通へども我が遠妻の言ぞ通はぬ

たぶてにも投げ越しつべき天の川隔てればかもあまたすべなし

秋風の吹きにし日よりいつしかと我が待ち恋ひし君ぞ来ませる

天の川いと川波は立たねどもさもらひかたし近きこの瀬を

袖振らば見も交しつべく近けども渡るすべなし秋にしあらねば

玉かぎるほのかに見えて別れなばもとなや恋ひむ逢ふ時までは

彦星の妻迎へ舟漕ぎ出らし天の川原に霧の立てるは

霞立つ天の川原に君待つとい行き帰るに裳の裾濡れぬ

天の川浮津の波音騒ぐなり我が待つ君し舟出すらしも


伊勢物語
わがうへに露ぞおくなる天の河門わたる舟の櫂のしづくか

古今集 よみ人しらず
久方のあまのかはらの渡守 きみ渡りなばかぢ隠してよ

古今集 友則
天の河あさせしら浪たどりつつ渡りはてねばあけぞしにける

古今集 源宗千
今はとてわかるゝ時は 天の川わたらぬさきに袖ぞひちぬる

拾遺集 貫之
秋風に夜の更けゆけば天の河河瀬に浪の立ち居こそ待て

兼輔
いつしかとまたく心をはぎにあげて天のかはらをけふやわたらむ

兼輔
七夕をわたしてのちは天の川なみたかきまで風もふかなむ


ろもかぢも舟もかよはぬ天の川たなばたわたるほどやいくひろ

好忠
空を飛ぶをとめの衣一日より天の川波たちてきるらし

拾遺集 公任
天河のちの今日だにはるけきをいつとも知らぬ舟出悲しな

定家
秋風やいかが身にしむ天の河きみまつ宵のうたたねのとこ

実朝
こひこひて稀にあふ夜の天の川河瀬の鶴は鳴かずもあらなん

定家
天の川文月は名のみかさなれど雲のころもやよそに濡るらむ

立秋 今朝の秋 初秋 桐一葉 七夕 星合 天の川 梶の葉 草市 迎え火 盂蘭盆 魂祭り 墓参り 灯籠 走馬灯 盆の月 盆踊り 灯籠流し 送り火 大文字 花火 法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図