初秋

新勅撰集 曾禰好忠
ひさかたの いはとのせきも あけなくに 夜半にふきしく 秋のはつかぜ

新勅撰集 西行法師
たまにぬく つゆはこぼれて 武蔵野の くさの葉むすぶ あきのはつかぜ

西行
おしなべてものを思はぬ人にさへ心をつくる秋のはつ風

式子内親王
うたたねのあさけの袖にかはるなりならす扇の秋の初風

定家
あぢきなくさもあらぬ人の寝覚めまで物思ひそむる秋のはつ風

定家
さらぬだにあだに散るてふ櫻麻の露もたまらぬ秋のはつ風

新勅撰集 大納言師氏
かささぎの ゆきあひのはしの 月なれど なほわたすべき ひこそとほけれ

新勅撰集 大納言師頼
きのふには かはるとなしに ふくかぜの をとにぞあきは そらにしらるる

新勅撰集 家隆
くれゆかば そらのけしきも いかならん けさだにかなし 秋のはつかぜ

新勅撰集 右衛門督為家
をとたてて いまはたふきぬ わがやどの おぎのうは葉の 秋のはつかぜ

芭蕉
はつ龝や海も青田の一みどり

芭蕉
初秋や畳ながらの蚊屋の夜着

野坡
初秋や雀悦ぶ雷の跡

千代女
はつあきやまだ顕はれぬ庭の色

蕪村
初秋や余所の灯見ゆる宵のほど

几董
初秋や旭出ぬ間の寺まいり

召波
初秋や薬にうつる星の影

白雄
はつ秋や誰先がけし筥根山

太祇
初秋や障子さす夜とさゝぬよと

子規
初秋の簾に動く日あし哉

子規
初秋の柳が末の湯島かな

漱石
初秋の千本の松動きけり

漱石
初秋の隣に住むや池の坊

晶子
家七室霧にみなかす初秋を山の素湯めで来しやまろうど

晶子
初秋や朝顔さける廐にはちさき馬あり驢あり牛あり

憲吉
はつ秋の日のひかり吹きてさやさやと何か笑ましく風の行くあり

漱石
初秋の芭蕉動きぬ枕元

晶子
うす紅に 薄のなびく 初秋の 河原につどふ 嘴ぼそ鴉

晶子
初秋や黄皮の椅子にたそがれの光いざよふ高楼にゐる

晶子
初秋は王の画廊に立つごとし木にも花にも金粉を塗る

久女
初秋の土ふむ靴のうす埃

龍之介
初秋や朝顔ひらく午さがり

龍之介
初秋や蝗つかめば柔かき

晶子
しろがねにいまだ至らず初秋はつりがね草の色といはまし

利玄
遠き森を夕陽染めをり初秋の村かげり冷えて煙這ひつつ

利玄
何処よりか烟にほひて初秋の夕ぐれかへる道にひもじき

蛇笏
むら星にうす雲わたる初秋かな

蛇笏鰯雲簀を透く秋のはじめかな

みどり女
初秋や舟子が着たる白襦袢

みどり女
初秋の月大川に光りけり

白秋
硝子戸に 白き寝臺の 影うつり 灯もうつるなり 子らが初秋

蛇笏
土を見て歩める秋のはじめかな

かな女
初秋の屋根を鳩とぶ日本橋

かな女
初秋の山日が崩す山の砂

かな女
初秋の浅間裾野に夜雨はげし

麦南
初秋の三日月ほのと雲のあひ

蛇笏
ひえびえと闇のさだまる初秋かな

万太郎
はつ秋の眞菰の景のひらけたる

立秋 今朝の秋 初秋 桐一葉 星月夜 七夕 織女 星合 天の川 梶の葉 草市 迎え火 盂蘭盆 魂祭り 墓参り 灯籠 走馬灯 盆の月 盆踊り 灯籠流し 送り火 大文字 花火 法師蝉 残暑 初嵐 新涼 稲妻 芙蓉 木槿 鳳仙花 朝顔 南瓜 犬蓼の花 蓼の花 芭蕉 稲の花
お得区案内図