松尾芭蕉

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

鴈聞に京の秋におもむかむ

朝茶のむ僧静也菊の花

折々は酢になるきくのさかなかな

てふも来て酢をすふ菊の鱠哉

初秋や畳ながらの蚊屋の夜着

秋海棠西瓜の色に咲にけり

乳麪の下たきたつる夜寒

の穂や頭をつかむ羅生門

牛部やに蚊の声闇き残暑

淋しさや釘にかけたるきりぎりす

三井寺の門たたかばやけふの月

秋のいろぬかみそつぼもなかりけり

米くるる友を今宵の月の客

やすやすと出ていざよふ月の雲

十六夜や海老煎る程の宵の闇

鎖あけてさし入よ浮み堂

祖父親まごの栄やみかむ

名月はふたつ過ても瀬田の月

稲すずめ茶木畠や迯処

鷹の目も今や暮ぬと鳴うづら

草の戸や日暮てくれし菊の酒

蕎麦もみてけなりがらせよ野良の萩

橋桁のしのぶは月の名残哉

九たび起ても月の七つ哉

秋風のふけども青し栗のいが

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 太祇 蕪村 暁台 几董 召波 白雄 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図