鶉 うづら

鶉鳴く古りにし里ゆ思へども何ぞも妹に逢ふよしもなき 家持

千載集 俊成
夕されば野べの秋風身にしみて鶉鳴くなり深草の里

西行
鶉なく折にしなれば霧こめてあはれさびしき深草の里

寂蓮
繁き野と荒果てにける宿なれや籬の暮に鶉鳴くなり

式子内親王
旅枕露を片しくいはれののおなじ床にも鳴く鶉かな

新古今集 慈円
秋を経てあはれも露もふかくさの里とふものは鶉なりけり

新古今集 左衛門督通光
いり日さすふもとの尾花うちなびきたが秋風に鶉なくらむ

新古今集 俊成女
あだに散る露のまくらに臥しわびて鶉なくなり床の山かぜ

有家
夕間暮あはれこもれる野原かな霧の籬に鶉鳴くなり

定家
うづらなくゆふべのそらをなごりにて野となりにけり深草の里

定家
秋風に堪へぬ草葉はうらがれてうづら鳴くなり小野の篠原

定家
深草のさとの夕風かよひきて伏見のをのにうづらなくなり

定家
月ぞすむ里はまことにあれにけり鶉のとこを拂ふ秋風

良経
ひとりぬる葦のまろやの下露に床をならべて鶉なくなり

定家
ひと目さへいとどふかくさ枯れぬとや冬まつ霜に鳴くらむ

定家
秋の色の目にさやかなるふるさとに鳴きて鶉の誰しのぶらむ

秋の日 秋晴れ 秋の空 秋の雲 秋の山 秋風 秋の暮 秋の雨 松茸 ばった 案山子 鳴子 落とし水 落ち鮎 渡り鳥 ひよどり 鶺鴒 啄木鳥 葡萄 野菊 後の月 朝寒 夜寒 身に入む むかご 蘆の花 木の実落つ 椎の実 ざぼん 紅葉 鹿 残菊 末枯れ 柳散る 行く秋 暮秋
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図