秋晴れ 秋日和

子規
鳥海にかたまる雲や秋日和

子規
鳶舞ふや本郷台の秋日和

子規
秋晴れて塔にはさはるものもなし

子規
秋晴れて凌雲閣の人小し

蛇笏
橋からの釣糸ながし秋晴るる

牧水
秋晴や空にはたえず遠白き雲の生れて風ある日なり

牧水
日向の国むら立つ山のひと山に住む母恋し秋晴の日や

碧梧桐
裸湯の人猿が見る秋晴れて

碧梧桐
秋晴て葭より高き黍見ゆる

碧梧桐
秋日和狂ふ那須山颪かな

石鼎
森にふむ杉の落葉や秋日和

喜舟
秋晴や小舟入りたる上総澪

万太郎
汐留の名が秋晴てゐたりけり

石鼎
秋晴やあるかなきかに住める杣

石鼎
秋晴や蘆に交りて枯るゝ草

龍之介
革の香や舶載の書に秋晴るる

牧水
白き雲かかりては居れ四方の峰の際あざやかに秋晴れにけり

牧水
早渓の出水のあとの瀬の底の岩青白み秋晴れにけり

牧水
古杉と苗植ゑなめしわか山とならびて晴れぬ秋のよき日に

石鼎
秋晴の滝玲瓏と落ちにけり

石鼎
秋晴や枝うつりして森鴉

石鼎
秋晴や杉に衣干す手が見ゆる

久女
秋晴や岬の外の遠つ海

石鼎
秋晴や二階六畳下六畳

久女
秋晴や寝台の上のホ句つくり

喜舟
秋晴の境内の音は微塵かな

青畝
秋晴や医者通ひしてあるき読み

石鼎
秋晴や倒れしまゝの蘆の原

石鼎
秋晴やつぶれしまゝの蟻の穴

秋の日 秋晴れ 秋の空 秋の雲 秋の山 秋風 秋の暮 秋の雨 松茸 茸狩 案山子 渡り鳥 ひよどり 鶺鴒 啄木鳥 葡萄 野菊 後の月 朝寒 夜寒 身に入む むかご 蘆の花 木の実落つ 椎の実 ざぼん 紅葉 鹿 残菊 末枯れ 柳散る 行く秋 暮秋
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 千載集 新古今集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図