和歌と俳句

芥川龍之介

海なるや秋の夕日の黍畑

秋立つ日うろ歯に銀をうづめけり

献上の刀試すや今朝の秋

山羊の毛も刈らでくれけり秋の牧

砂にしる日のおとろへや海の秋

砂遠し穂蓼の上に海の雲

葡萄噛んで秋風の歌を作らばや

ぎやまんの燈籠ともせ海の秋

秋雨や大極殿の雨の漏

明眸の見るもの沖の遠花火

君が俥暗きをゆけば花火かな

水暗し花火やむ夜の人力車

ひとはかりうく香煎や白湯の秋

ちる花火水動けども静なり

夜をひくき火の見やぐらや遠花火

銀漢の瀬音聞ゆる夜もあらむ

みかへればわが身の綺羅も冷やかに

革の香や舶載の書に秋晴るる

雁は見ず墜落せと声を聞く夜にて

天の川見つつ夜積みや種茄子

たそがるる菊の白さや遠き人

白菊や匂にもある影日なた

町行けば思はぬ空に花火かな

亢として柚味噌静かや膳の上

秋雨や庭木植ゑつく土の色