和歌と俳句

芥川龍之介

落葉焚いて葉守りの神を見し夜かな

銀杏落葉桜落葉や居を移す

青鞋のあとをとどめよ高麗の霜

夜をひとり省墓の記書く寒さかな

灰に書く女名前も火鉢かな

ひとり磨く靴のくもりや返り花

笹鳴くや横笛堂の真木林

木枯らしやどちへ吹かうと御意次第

刹竿に動くは旗か木枯か

木枯や東京の日のありどころ

や目刺に残る海の色

黒塚や人の毛を編む雪帽子

拾得は焚き寒山は掃く落葉

風に鳴る松や孤峯の草枯れて

夕波や牡蠣に老いたる船の腹

夕空や凍て杉しんと立てりけり

或夜半の炭火かすかにくづれけり

枯芝や庭をよこぎる石の列

笹鳴くや雪駄は小島政二郎

原稿はまだかまだかと笹鳴くや

胸中の凩咳となりにけり

や大葬ひの町を練る

縫箔の糸に今朝冬の光り見よ

癆咳の頬美しや冬帽子

杉凍てて声あらんとす峡間哉