和歌と俳句

木枯らし

一葉
身にしみて寒けかりけり色かへぬ松にもかよふ木枯のこゑ

子規
凩や自在に釜のきしる音

子規
凩に吹き落されな馬の尻

子規
凩の上野に近きいほりかな

子規
凩や燈炉にいもを焼く夜半

漱石
凩に裸で御はす仁王哉

漱石
凩や真赤になつて仁王尊

漱石
凩に牛怒りたる縄手哉

漱石
凩や海に夕日を吹き落す

漱石
凩の沖へとあるる筑紫潟

碧梧桐
凩や皆くねりたる磯の松

碧梧桐
凩や滝の上なる大悲閣

虚子
凩や猿ぶら下る角櫓

碧梧桐
木枯や叺捨てある新墾田

晶子
冬きたる 大き赤城の 山腹の 雲おひおとす 木がらしの風

碧梧桐
凩や白樺の魔火さそふ森

晶子
冬の神もとどりはなち駈けたまふあとにつづきぬ木がらしの風

石鼎
木枯や巌間に澄みし谷の水

茂吉
われひとりねむらむとしてゐたるとき外はこがらしの行くおときこゆ

赤彦
野の中に暮るる一つ家いやましに凩のなかに静もれるかも

山頭火
今日も事なし凩に酒量るのみ

喜舟
凩は高野聖を掴みけり

石鼎
凩や提灯もちて田舎人

亞浪
凩や雲裏の雲夕焼くる

山頭火
濃き煙残して汽車は凩の果てへ吸はれぬ

鬼城
凩や手して塗りたる窓の泥

山頭火
凩のなか物たたく音の暮れゆけり

山頭火
凩に吹かれつつ光る星なりし

龍之介
木枯らしやどちへ吹かうと御意次第

龍之介
刹竿に動くは旗か木枯か

龍之介
木枯や東京の日のありどころ

龍之介
凩や目刺に残る海の色

喜舟
凩や南大門昔顛倒

草城
木枯や翠も暗き東山

龍之介
凩や大葬ひの町を練る

石鼎
凩や富士を歪めて昼の空

石鼎
木枯に日はありながら庵の木々

喜舟
凩や蔀下ろして山河断つ

晶子
木枯や髪うしなへる雑木皆おちばの海にただよへるかな

龍之介
凩のうみ吹きなげるたまゆらや

泊雲
木枯のうち白めくや川の面

茅舎
凩の中に灯りぬ閻魔堂

龍之介
凩や木々の根しばる岨の上

龍之介
木枯や茅萱わけ入る笠の鳴り

月二郎
木枯の竹山越えて滝の音

耕平
あかあかと囲炉裡火燃ゆれこもり居の今日も日暮て凩の音

耕平
木枯の風吹きすさぶ夕なり机の上に洋燈をともす

耕平
こがらしの風静まれば大海の濃青の揺らぎただ寂しかり

耕平
仰ぎ見る空の色さへ澄みはてて木枯の風吹きにけるかも

耕平
凩の日にけに吹きて山肌は赭くさびしくなりにけるかも