和歌と俳句

夏目漱石

4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

冬籠り黄表紙あるは赤表紙

禅寺や丹田からき納豆汁

東西南北より吹雪哉

家も捨て世も捨てけるに吹雪哉

山寺に太刀を頂く時雨

塚一つ大根畠の広さ哉

雪の日や火燵をすべる土佐日記

埋火や南京茶碗塩煎餅

埋火に鼠の糞の落ちにけり

暁の埋火消ゆる寒さ

門閉じぬ客なき寺の冬構

冬籠米搗く音の幽かなり

砂浜や心元なき冬構

銅瓶に菊枯るる夜の寒哉

五つ紋それはいかめし桐火桶

冷たくてやがて恐ろし瀬戸火鉢

親展の状燃え上る火鉢

黙然と火鉢の灰をならしけり

なき母の湯婆やさめて十二年

湯婆とは倅のつけし名なるべし

風吹くや下京辺の綿帽子

清水や石段上る綿帽子

綿帽子面は成程白からず

炉開きや仏間に隣る四畳半

炉開きに道也の釜を贈りけり