山茶花 さざんか

言水
さざん花に囮鳴く日のゆふべかな

千代女
山茶花や土気はなれて雪のいろ

白雄
暁の山茶花白し落がはら

子規
山茶花のここを書斎と定めたり

漱石
山茶花の垣一重なり法華寺

漱石
二三片山茶花散りぬ床に上

碧梧桐
山茶花にあるは霙の降る日かな

碧梧桐
山茶花の花の田舎や納豆汁


小春日の庭に竹ゆひ稻かけて見えずなりたる山茶花の花

左千夫
雲による御仏といふ床わきにいつきまつらひ山茶花の花


此日ごろ庭も掃かねば杉の葉に散りかさなれる山茶花の花


もちの木のしげきがもとに植ゑなべていまだ苗なる山茶花の花

牧水
山茶花は咲きぬこぼれぬ逢ふを欲りまたほりもせず日経ぬ月経ぬ

左千夫
朝清め今せし庭に山茶花のいささか散れる人の心や

碧梧桐
山茶花や謫居の跡の寺一字

碧梧桐
山茶花や先づ舂ける陶土見る

碧梧桐
山茶花や授戒会名残斎に来て

碧梧桐
山茶花や日南に氷る手水桶

虚子
霜を掃き山茶花を掃くばかりかな

蛇笏
山茶花に垣穂の渡し見晴れけり


打ち萎え我にも似たる山茶花の凍れる花は見る人もなし


山茶花のはかなき花は雨故に土には散りて流されにけり


山茶花の畢なる花は枝ながら背きてさけり我は向けども


ま悲しき花は山茶花日にしてはいくたび見つる思ひかねては

蛇笏
山茶花や日南のものに杵埃り

憲吉
山茶花のしろき一本わがまへに木かげに口を顫はせけるも

立冬 初冬 神無月  初時雨 炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 かいつぶり 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図