顔見世

来山
顔見世や戻りにそしる雪の寸

蕪村
顔見世や夜着をはなるる妹が許

蕪村
かほ見せや既にうき世の飯時分

蕪村
顔見世やふとんをまくる東山

蕪村
旅立や顔見せの燈も見ゆるなる

召波
皃見せや伏見くらまの夜の旅

召波
顔みせや空だきものゝ舟一片

太祇
顔みせの難波のよるは夢なれや

太祇
顔みせや状を出しあふ宇津の山

几董
顔見せや北斗に競ふ炭だはら

几董
かほみせや矢倉に起る霜の声

虚子
顔見世を見るため稼ぎ溜めしとか

草城
顔見世の前景気とはなりにけり

風生
顔見世のまねき見て立つ手をつなぎ

万太郎
顔見世の京に来て見る入日かな

万太郎
顔見世やおとづれはやき京の雪

秋櫻子
顔見世の連弾冴ゆる月冴ゆる

秋櫻子
顔見世や櫓の月も十五日

青畝
顔見世の和事に役者親子かな

秋櫻子
顔見世や鳳凰しろき櫓幕

立子
顔見世といへばなつかし吉右衛門

秋櫻子
顔見世や口上木偶の咳ばらひ

秋櫻子
顔見世や名もあらたまる役者ぶり

秋櫻子
顔見世やバスを連ねて成田より

秋櫻子
顔見世の噂や火鉢拭きながら

風生
顔見世の大番付の端役かな

林火
顔見世に高野の僧も参ずるか

立冬 初冬 神無月  初時雨 炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 冬の雲 顔見世 冬の空 水鳥 かいつぶり 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 枯蓮 枯芝
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
旅行案内 お得区案内図