和歌と俳句

阿波野青畝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

彩雲の凍てたる西へ客帰る

訃さみし嵯峨の日脚がのびるのに

火の中に反りかへりゆき厄の札

厄札を一炬に附しぬ荒雑仕

キリストの受難の画ありルオー逝く

しらべよき歌を妬むや実朝忌

落花掃くなかれとぞ鎖す御廟かな

春の汐玲瓏魚介旁午かな

大茶盛蝶ちらちらの西大寺

横着をきはむる懸巣つるでまり

天駆くるさまゆく室生川

狂ふ女人高野の夜の雨

山を飛び欄を飛び夏の蝶

七月のホテル極楽鳥飾る

つくばひの知足にひびく清水かな

釣瓶寿司盛夏の町を見つつ食ふ

ふるさとの茅の輪魯に立てりける

奈良坂の葛狂ほしき野分かな

立待の月へ小声の長話

断層にであひ秋水激すなり

武蔵野のあれちのぎくに学者訪ふ

般若櫃うつろの秋のふかさかな

鶴来ずや錦帯橋に旅鞄

顔見世の和事に役者親子かな