和歌と俳句

阿波野青畝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

これよりは珊瑚の波や初日の出

囮鴨伊吹颪にいきいきと

人来らず磔刑イエズス凍てませり

青比丘の足どり雪の獅子ケ谷

運ぶ車輪もかげもまはるかな

針供養まだまだ梅の固き春

腰架の角ならびたり受難節

黒潮よここらの海苔の濃かれかし

春山に新羅仏塔尖りけり

ライラック食摂らざりき聖家族

夕なる苗代水の心知る

山吹の三ひら二ひら名残かな

馬悲し火の山すその田を打てる

谺してわさび沢にも滝懸り

篠原の風にもつるる懸り

他の草をまじへてをらぬ著莪浄土

蟹と居て安達ケ原の雨に打たれ

膝咬みし大きなよ妙心寺

ハンカチの青ざめてゐる洗面器

今日の月天平雲はなかりけり

貝割菜美し伊賀に住む人ら

富士見えず富士薊見て山登る

端つぽの一枚残し柳散る

聖夜近くクリーニング屋灯を投げて

聖夜はや紅をおびゆく星得たり

扮したる羊が倒れクリスマス

冬至の日縞あるごとくゆれにけり